1. ホーム
  2. ゴルフ
  3. ゴルフ
  4. ブッシュネル ピンシーカーPRO XE
ブッシュネル ピンシーカーPRO XE

商品説明

ピンシーカープロXEジョルト
2020年3月頃に購入して
使ってました。
大事に使ってましたが、
2枚目のメッキ部分に少し当てた様な
キズがあります。
箱、ケース、保証書あります。
キズを確認しましたので、値下げしております。





商品情報

カテゴリ スポーツ/アウトドア
› ゴルフ
› その他

ブッシュネル ピンシーカーPRO XE

ブッシュネル ピンシーカーPRO XE

ブッシュネル ピンシーカーPRO XE

結論から先に書きます。

 

一般に購入できるのは

 

まず、容器で売られている製品。

なお、その1,2には書いてないけど関係あるものにも言及しておきます。

なので、この製品も同様に当てにならないです。

 

・製造装置からではなく、別途水を汲んでミストを出すタイプは大本の次亜塩素酸水に有効塩素残ってないと考えられ、論外。

…というわけで、ミスト状にするのも効果ないです。

 

では最後に製造装置から直接容器に受けて使用するのは?

 

 

…本当に効果あるなら、ニュースでよく見る専門のお医者さんたちが迷わず使用しますからね。そんな話がないということは…ね。

 

では最後に。

Columbia × Orange ブライアーシュンケルソージャケット 限定品

 

2020年4月6日追記

カカロット様 専用 Fear of God FOG スウェットパンツ S

ただ、ここにはこんな文章も。

 

ブッシュネル ピンシーカーPRO XE

paul smith の続きです

 

 

 ・製造装置と使用上の定義が別通知で出されている特別なパターン

・用途は(汚れを落としてから)野菜・果物や機器・器具などの消毒・殺菌に用いる

・最終食品の完成前に次亜塩素酸水を除去する必要があります。

 

 

ここから細かいけど抜粋した話になります。

 

はい、まずここに注目。

 

この通知、食基発第0610001号が地味ながらとても重要です。

・生成装置内で電解することにより得られる…の前に、そもそも次亜塩素酸水とはなんぞや?というところを押さえたいと思います。

 

 

 

シンプルにいうなら、次亜塩素酸水とは

・有効塩素濃度は数十mg/kg

・pHは酸性領域

 

定義としては三種類ありますが、概ねこのようなものだといえます。

 

 

…はい、今回の記事はまだ序章です。まずは、次亜塩素酸水の定義の確認をしたというところです。

ブッシュネル ピンシーカーPRO XE

JAMES PERSE Tank Top◆ 使用30日のみ クルーシャル SSD M2接続 2TB

7月発売されたとある週刊誌に、こんな見出しの記事がありました。

40代男の体内に!「カビ毒」こんなに住んでいる

 

その後しばらくして、Web上でも記事があがりました。

 

この記事、カビ毒を知ってる人からするとおかしなことだらけなのですが…

私がおかしなところをとりあえずざっくりと書いていきます。

 

・カビ毒を作るカビは種類が限定される。

例えば元記事で黒麹カビとか書かれているアスペルギウス属。

見出しではこれが深澤辰哉 うちわ セットを…などと恐怖を煽ってますが

黒麹カビがすべてカビ毒を持ってるわけでも作るわけでもありません。

というか、相当限定されます。

(カビ毒のMacBook Air(11inch, Mid 2011)を産生するカビは代表的なのは2種類、

オクラトキシンというカビ毒を作るカビだと4種類くらい)

 

で、家の水回りとか家庭で生える黒麹カビは、まずカビ毒作りません

その他の家庭で見られるカビも、カビ毒は作りません

 

一応元論文らしきものを読んでみたのですが…

つまり、この論文では筆者の考えが書かれているだけで、根拠はないってことになってしまうのですよね…。

 

・尿中のカビ毒の検査は怪しい。

…というか、雑誌の元記事の図には、こんな注意書きがあるのですよ。

 

 

検査機関でよく見る証明書の形式も見当たらないし…。

 

・土や植物、埃、空調設備に存在…していません。

もし存在していたら、あちこちから検出されてまともな検査出来なくなります。

 

エニアチンはフザリウム属が作るとされているが、通常カビ毒に分類しない。

ミコフェノール酸は、普通に検索するとミコフェノール酸 モフェチル(薬の名前)と出てくる。

ミコフェノール酸というカビ毒ってのは…まああるけど現実的に汚染はない。

 

まあ今回は個別に間違ってるところを指摘するって感じにしました。

 

 

カビ毒についてはここ2年ほど、Web上の記事で書かれるケースが増えてきたと感じてますが…

今回取り上げたものに限らず、大体カビ毒に関する記事は誤っていますね。

後日ポイントをわかりやすく書いて…みたいなぁ…

(書いてもわかりやすくなる自信があまりない(^◇^;))

本日、こんな記事がありました。

・・・ツッコミどころだらけの記事です。

たまにはこういった記事の誤りを指摘することも必要かと思い、書くことにします。

1.アルミニウム


2.乳化剤と遺伝子組み換え大豆


…って、なんで管理栄養士のAさん、栄養士ではない私にこんなこと突っ込まれるの…

・砂糖のとりすぎは体内のカルシウムを溶かしてしまうため
→論外。



相当悪質です。
少なくとも、このジャーナルや執筆者については、食品系の記事は怪しいと疑ってかかる必要があるでしょう。

あと、今回に限ったわけではなく、専門家に管理栄養士が出てくると、
どうも記事の内容が怪しいケースが多く見受けられる気がします。


暫定的に、成田さん以外の管理栄養士が絡んだ記事は疑ってもいいかもです。

ブッシュネル ピンシーカーPRO XE

美味しくて栄養的にも気を使った料理の作り方の他に専門家のコラムもあり、なかなか読み応えのある雑誌です。
万人におすすめ出来ます。


記事では水分測定を例に、(中略)経験が必要と言っています。

単に分析手法だけでいうなら、栄養成分の方が早くマスターできます。

では、何が難しいのか?

その1.試験の検証ができるかどうか

特に大変な例として、脂質の分析についてざっと説明します。

一方、栄養成分は、穀類・野菜・肉・魚等々色んなものが混ざった状態です。

栄養成分の基本項目である脂質でざっと考えてみても、これだけの要因があり、しかもここまでやっても真値かどうか断言までは出来ないのです。


ここまでの内容をまとめると、

h&m margiela ライダースジャケット id:ebi_j9

主に食品添加物や食品衛生のことについて書いていくブログ

引用をストックしました

引用するにはまずログインしてください

引用をストックできませんでした。再度お試しください

限定公開記事のため引用できません。